ある男の1日|憧れのウエスト|見たくない!このお腹

朝、目覚ましによって目覚める。もう外は明るい。昨日のお酒が残っていてすっきりと目覚めない。トイレに行った後洗面所に行く。ぼさぼさの頭を見つつ、歯を磨く。 その後油分を少し含んだセットローションで髪をセット。家族が作ったモーニングに手をつける。以外にパン食はカロリーがある。 仕事に着替える。コロンなどはつけない。意外にいい靴を履いて駅に向かう。周りの景色は変わることがなく、自分の姿を気にすることもなく電車に乗り込む。 他人が読んでいる新聞を読まされながら少し早めに会社に着く。甘めのコーヒーを飲みながら仕事の段取りをする。コーヒーは目が覚め、砂糖は脳を活性化すると信じている。 少し大きめの声を出しながら仕事が始まる。なるべく笑顔も出す。暗いイメージはだめだと思っている。 昼食。ちょっと大目にも気にしないで早く食べる。こんなとこで時間を気にしている。そしてまたコーヒー。仕事が終わる。このまま帰宅することはない。 部下などを連れていっぱい飲み屋に!もうお腹ははちきれそうなほど栄養に包まれる。そして帰宅。 疲れと酔いとで、家族に笑顔を見せることも少なく言葉少なに風呂へ。また風呂のあとのビールはうまい。起きている間ビールが進む。そして終身。

10回20回と噛んでゆっくり食べましょう。

水では太りません。

甘いものは禁物!脂っこいものもだめ!

 

w

a

b

c

美彫グループ・ロゴマーク
憧れのウエスト|見たくない!このお腹
憧れのウエスト|見たくない!このお腹

体重計と鏡を見ることは、忘れてはいけません。